お知らせ

日曜礼拝
一日の始まりをお寺で過ごしませんか
四月より第二第四日曜日午前九時より一時間程度お寺で過ごしませんか


法要WEB中継の模様
瑞蓮寺では各種法要をインターネットで中継をさせて頂いております。
遠隔地の方も法事に参加して頂けるようにZOOM等を使用しての法事もぞ相談ください。


 

 かの国に生まれんと(おも)わん者は、(まさ)三福(さんぷく)を修すべし。一つには父母(ぶも)孝養(きょうよう)し、師長に奉事(ぶじ)し、慈心(じしん)ありて(せつ)せず、十善業(じゅうぜんごう)を修す。

【『観経』の言葉】

  お釈迦さまは韋提希(いだいけ)夫人に向かって「お浄土に生まれたいと思う者ならばまさに三つの福を修めなさい」と話しかけられます。三つの福つまり善い行いは、世福(世間的な福)、戒福(戒律を守る福)、行福(大乗仏教に触れる福)の三種です。そのうち今回は世福が述べられています。それに四種類あるのです。まず父母に親孝行する。二つめは先生や年長者には仕える。三つめは慈悲の心を持って生き物を殺さない。最後に十の善い行いを修める、というものです。これらのことはすぐさま宗教心の問題ではなくどちらかというと道徳心ですが、阿弥陀如来はどこまでも観念的ではなく、現実的に私たち凡夫を救ってくださるので、私たちの最も身近なことにまず目を向けよと仰るのです。

慈雲会会報誌『慈雲 No.62』より


慈雲会会報誌『慈雲 No.62』が出来上がってきました。
このweb ページよりダウンロードする事が出来ます。
左のメニューの をクリックしてください。

 

 

 

 

Copyright(c) Zuirenji All rights reserved.